不眠症から快眠症へ

不眠症

不眠症とは、入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気です。

 

不眠の原因は、ストレスや身体の病気、生活習慣や睡眠環境など、さまざまですが、眠れなくても日中、元気で過ごせるのなら、必要以上に心配することないです。

 

また、不眠症に似ている症状に下記のものがございます。
1. 睡眠覚醒リズム障害
2.過眠症
3. 睡眠呼吸障害
4.レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)
睡眠について2週間以上、悩んでらっしゃる方は、お早めに専門家をお訪ねください。

 

 

このサイトは、「夜、うまく眠れない」「日中、眠い、身体がだるい」とおっしゃるあなたへ向けて、作成いたしました。最後まで、ごゆっくりおつきあい頂ければ幸いです。

 

眠れないあなたへ。 快眠を導く生活習慣、その1 (午前)

 

 

朝、起きたら、
スグに朝日を浴びましょう。

 

カーテンを開けて、部屋に明るい日差しを入れるだけでも構いません。

 

光によって、脳にある体内時計をリセットするのです。

 

 

 

朝日を浴びると、体内時計がリセットされます。
実は、人間の体内時計は、24時間を正確に刻んでいません。
個人差はありますが、25時間前後と言われています。よって、体内時計をリセットしないで生活を続けると、時間が1時間ずつ後ろにズレ始めてしまうのです。そう、私たちは、体内時計を毎日リセットすることで、24時間周期に同調した生活が送れているのです。


 

 

今、話題の「光目覚まし時計」→

 

 

 

 

 

体内時計をリセットする方法は、意外と簡単です。
それは毎日、朝日を浴びるだけです。朝日を浴びるだけで体内がリセットされ、新たな時を刻み始めます。しっかりリセットされると、15〜16時間後に、夜に眠気を引き起こすホルモン”メラトニン”が分泌され始めます。朝日を浴びられない方は、眩しいばかりの光を浴びましょう。それはライトでも構いません。

 

 

 

 

 

 

朝食を摂りましょう。

朝食をとることで、身体のさまざまな臓器に、朝が来たことを知らせるのです。

 

 

 

 

たんぱく質が多い朝食を摂ることが、体内リズムを整えるのに効果的だという研究報告があります。どうぞ参考にしてください。いろんな説がありますが、1日2食の人は、昼と夜ではなく、朝と夜に食べたほうがいいです。そのほうが、良い睡眠を取ることが出来ます。また、夜抜きは、お腹が空いて眠れませんから、避けたほうが賢明です。

 

 

 

その日の夜、よく眠れるかどうか? は、既に朝から勝負が始まっているのです。

 

 

忙しいあなたへおススメの朝食
@胃腸が丈夫なあなたは、コチラをご覧ください。
A胃腸が丈夫じゃないあなたは、コチラをご覧ください。

 

眠れないあなたへ。 快眠を導く生活習慣、その2 (午後)

 

 

眠くなったら、ちょっとだけ昼寝。

 

ただし、午後3時以降のお昼寝は避けてください。また、お昼寝は、30分以内にとどめてください。

 

 

 

 

 

 

日中は、なるべく身体を動かして…。

 

定期的な運動習慣がある人には睡眠の問題が少ないという研究結果が出ています。
ですから、日中は、なるべく身体を動かすようにしましょう。
ただし、寝る直前の激しい運動は、避けてくださいね。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後からの珈琲は、カフェインレスにしましょう!

 

眠れないあなたへ。 快眠を導く生活習慣、その3 (夕方から夜)

 

 
自分に合う方法でリラックスしましょう。

 

特に、夕食を済ませたあとは、交換神経を興奮させるようなことをしないことです。

 

 

 

 

お風呂は、睡眠の90分ぐらい前に入るのが快眠のコツです。
ぬるめの湯にしっかり浸かり、身体の芯まで温めることが肝心です。
お風呂から上がって、身体が冷え始めてからベッドに入るのがベストです。

 

スマホやパソコンは、お風呂から出たら、なるべく見ないようにしましょう。
何故なら、これらの画面から出るブルーライトには、目覚まし作用があるので、深い睡眠を妨げてしまうのです。

 

入浴後は、音楽を聴いたり、肌の手入れをしたり、アロマを焚いたりなど、お好みの方法でリラックスしましょう。

 

夜、寝る前のお酒は、基本的にNGです。
アルコールは、睡眠の質を下げます。よって、なるべく飲まないように…。
飲むのなら、少量にとどめて置くことが大切です。そして週に2回以上は休肝日を設けてください。それから、夜は、タバコやカフェインも避けるようにしたほうが賢明です。

 

当たり前ですが、寝る時は、照明を落として、暗い部屋で寝るようにしましょう。

 

ベッドに入ってから「眠れない」と言って、焦ったりしないように…。
そんなことをすればよけいに眠れなくなります。どうぞコチラもご覧ください。

 

 

もう1度言います。
その日の夜、よく眠れるかどうか? は、既に朝から勝負が始まっていたのです。

 

寝具(マットレス・枕) と 睡眠サプリメント と 睡眠音楽 と 睡眠薬

 

1.寝具の紹介は、コチラに移動しました。
  睡眠の目的について言及しています。

 

2.睡眠サプリメントの紹介は、コチラに移動しました。
  最適な睡眠時間について言及しています。

 

3.睡眠音楽の紹介は、コチラに移動しました。
  眠れないときは、どうしたらいいか? について言及しています。

 

4.睡眠薬のお話は、コチラに移動しました。
  睡眠薬は、依存するもでも忌み嫌うものでもなく、上手に利用するものです。

 

管理人の紹介 (睡眠研究家)

 

 

 

 

  こんにちは。
  ウェブサイト「眠れないあなたへ」の
  管理人を務めている竹内成彦です。

 

  名古屋市中区で、
  カウンセリングルーム「心の相談室with」の
  室長をやっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

眠れないのは、大変に辛いことですよね。
不眠の相談は、どうぞカウンセリングルームへお越し下さい。

 

お話を聴いたり、整体をやることによって、あなたが気持ち良く寝られるよう、全力でサポートさせていただきます。

 

 

 

 

ページのトップへ戻る