不眠症から快眠症へ

寝具(マットレス・枕)の紹介

寝具(マットレス・枕)を変えただけで、よく眠れるようになったりします。
質のいい睡眠は、本当に大切。人生の3分の1は寝ているわけですから、寝具には惜しみなくお金をかけたいものです。

 

 

 

 

200万人が愛用、ドイツの高品質・快眠マットレス【エマ・スリープ】です。

 

 

 

睡眠のクオリティを追い求めた、Sleep Spa。

1回、このプチプチを体験すると、もう他の布団では寝られなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

超熟睡できるヒンヤリ安眠枕【六角脳枕】

 

 

 

頭・首・肩・腕を支え、横向き寝をサポート!横向き寝専用枕【YOKONE Classic】

 

 

 

密かにブームの"特許取得・整体枕"!【Cure:Re THE MAKURA】

 

 

睡眠の目的

睡眠時の脳波には、レム睡眠(浅い眠り)、ノンレム睡眠(深い眠り)があります。レム睡眠とノンレム睡眠は、通常、約90分周期で繰り返されていると言われています。

 

睡眠の目的は、身体を回復させることです。

 

他には、睡眠の目的は、レム睡眠時に成長ホルモンを分泌し、骨・筋肉を発達させたり、体内の様々な化学反応を促すことです。たとえば、肌や髪の毛をキレイにさせたりすることが、それにあたります。
また、レム睡眠は学習に良い効果があり、レム睡眠時に記憶の整理・記憶の固定が行われるといわれています。国内外の中学・高校の調査では、睡眠時間が長いほど成績が良いということが分かっています。もし、いろいろなことを覚えたいのであれば、夜寝る前に覚えると良いでしょう

 

また、ダイエットを目指している方へ、お伝えしたいのですが、人は寝ている時に痩せます。睡眠不足は、ダイエットを目指す方には大敵です。どうぞ覚えておいてください。

 

睡眠は、寝る時間や起きる時間がいつもとズレると眠りが浅くなります。そう、睡眠の効果が薄れてしまうのです。よって、十分に睡眠の効果を出したいのであれば、睡眠時間を一定にするのが良いでしょう。

 

このように、睡眠には、単に寝て身体を休めるだけではなく、怪我の修復・成長、ストレス発散、記憶の固定などの様々な役割があるので、睡眠不足になると様々な不調が現れるのです。

 

 

トップページへ戻る